spacer

チャレンジャー応援サイト

日本におけるチャレンジャーとはなんでしょうか?IT業界のような新しい業界にチャレンジしていく人ではないでしょうか?

ベンチャー企業のメリットとデメリット

IT業界はベンチャー企業が多い業界です。出資金もままならず数人だけでなんとかやっている、というベンチャー企業などいくらでもあります。

少し前には起業ブームなるものがあり、ベンチャー企業がたくさん出来ました。そうして成功する企業、倒産、または買収される企業など様々ありますが、ベンチャー企業というのはよくも悪くも社長の色が出るものです。色、とは社長の人柄だったり仕事の仕方であったり様々なことが言えますが、例えば元々エンジニアであるならば自分の作りたいものを作っていきどんどん開発していくことに重きを置き数字は全く気にしないという社風だったり、逆に元々銀行員であれば採算がとれるものを作っていこうとする社風だったりと、本当に様々なカラーがあるようです。

そしてベンチャー企業のいいところは、大手企業などによくある人間関係のしがらみ、特に上下関係などがあまりないということでしょうか。比較的若い人が集まるので同じような年代同士気楽にやっていけるところもあるでしょう。飲み会には絶対参加、などという風習もないようです。それにみんな会社を良くしよう、もっと会社を売り込んで皆に知ってもらおう、というように目標もしっかりしているので一致団結しやすく、周りの意識も高いのでレベルの高い仕事が出来るでしょう。

ルーティンワークにはならないので、自分で考えて動きたい人にはとても向いていると思います。それから上昇志向のある人も、ベンチャーには向いています。向いていないのは、周りとの強調を一番に考えている人です。ベンチャーは競争が激しい業界ですので、他人のことを考えて行動すると自分の利益を逃すことにも繋がりかねません。やはりベンチャーはチャレンジしたい人に向いていると思います。

Leave a Reply

チャレンジャー応援サイト is proudly powered by WordPress. SimpleBeaty theme by Gargron